『Nocotta』

対象となる読者は、次のような人です。

また、次のような人には、おすすめできません。

横綱経験や本場所優勝経験のある人が読むなんて、もってのほかです。