『Nocotta』

←【十四.千秋楽】
→【十六.決勝大会】

【十五.優勝決定戦】

蹲踞の姿勢から、横綱がまた悠然とした構えで片手をつく。今度は筑前竜、目をそらすことなく、じっと横綱を見据えている。
筑前竜が両手をつき、両者立ち上がる。

バチーン。

横綱が筑前竜を捕まえにいくが、そこへ筑前竜が右手を張った。その張り手が、張ってくることを全く予想していなかった横綱の左頬辺りに入る。

元々張り手の類はあまり得意ではない筑前竜なので、音の割にそれほどの威力はなく、横綱にも大したダメージはない。ただ、予想していなかった攻めを顔に食らって、横綱の頭に血が上る。本来なら組みに来るはずの横綱が、お返しとばかりに突っ張ってくる。

その強烈な突っ張りをしかし筑前竜は、体全体を弓のようにしならせながら、ことごとくいなす。

「のこった!のこった!」

行司の掛け声が響く。その声が、筑前竜にはこう聞こえていた。

「Nocotta! Nocotta!」

筑前竜の感覚が冴え渡り、腰を落としながらも小気味よい軽快なステップで、横綱の突っ張りをいなし続ける。
しかし、横綱の前に出てくる迫力は相当なもの。付け入る隙を全く見つけられないまま、筑前竜は土俵際に追い詰められてしまった。

このまま押し出されるか、と誰もが思った瞬間、筑前竜は、低い姿勢で横綱の突っ張りをかいくぐり、スッと左に回り込む。
そのまま後ろを取って送り出しに…と思ったが、すぐさま横綱も向き直り、素早く間合いを詰め、右上手を取ってきた。

間髪を入れず強烈な右上手投げが繰り出された。筑前竜の心に、あきらめが生まれる。

(ま、仕方ないか。こんな逃げ回ってばかりじゃ、負けて当然だよな。所詮、格の違い、ってやつさ。たとえこんな形でまぐれで勝っても、意味ないだろ。美しくないよ。)

一瞬、筑前竜の全身から力が抜ける。決められた、かな。

…キメる?

「あ~、惜しいなぁ…。どんなに途中まで良くても、最後をしっかりキメないと。」

ふと、ダンス教室での鈴木の言葉が、頭に浮かんできた。

「例えば、そうだな…。人間が、野生動物の動きを見て『美しい』と感じたとしよう。でも、野生動物は別に、格好つけて美しい動きを見せてるわけじゃない。何かの目的、食料を手に入れるとか、そういう目的のために動いているだけ。美しさは、その結果としてついて来たものだ。」

何の話かよく分からない、という顔の筑前竜に、鈴木は言葉を続けた。

「だから大事なのは、どこへ向かっているのか、ゴールをイメージすること。自分はどこへ向かうべきなのか、最後にどうあるべきなのか。それが見えれば、今すべきことも自ずと見えてくる。結局自然界、途中はどうあれ、最後にキメた奴が勝ち、ってことさ。」

最後にキメた奴が勝ち…。

「もっとも、これは決して、結果が悪ければ途中は無意味、って言ってるんじゃないよ。目的を目指すこと、そのこと自体が尊くて、それは、生きるってことそのものなんだ。」

そうだ、自分はまだ、膝をついてはいない。勝負は決まってない。

まだ死に体じゃない。生きてる。

たとえ逃げ回っていたとしても、最後にキメさせすれば、そんな無様ささえも美しさへと昇華される。あきらめるには、まだ早い。

筑前竜は、左膝が落ちそうになるのを、土俵ぎりぎりでこらえ、右足を大きく張り出し、俵にかけた。

「Nocotta! Nocotta!」

筑前竜の脱力を感じ取り、上手投げで勝負あり、と思い込んでいた横綱は、腰が高くなっている。横綱が初めて見せた隙。しかし筑前竜は、土俵すれすれに両足を大きく開き、横綱のまわしにすがりつくような無理な体勢で、両膝の激痛に顔を歪める。

あと一歩、踏み出せれば…。

その時、横綱の左脇の下から観客席が見えた。そこに、彼女はいた。

落ちてゆく自分を見捨てないでいてくれた、唯一の人。はるばる九州から、来てくれたんだ…。

体の芯が、熱くなる。

最後の力で、左足を前に送り、右足で俵を蹴る。

その場で取組を見つめる全ての人の目には、腰の浮いた横綱が後ろに倒れ込む姿が、まるでスローモーションのように、はっきりと見えた。

行司の軍配が、筑前竜の勝利を指す。

館内には無数の座布団が舞い、歓声と怒号が入り乱れる。

その騒然とした雰囲気の中、筑前竜は、起き上がることができない。横綱が手を貸そうとしたが、両膝を曲げることさえできないでいる。

他の力士がやってきて、筑前竜は、二人の力士に両脇を抱えられながらゆっくりと土俵を下りていく。

「筑前竜~」

行司の勝ち名乗りを背中で聞く。

「ただいまの決まり手は押し倒し、押し倒して、筑前竜の勝ち。」

場内アナウンスもかき消されるほどの歓声と怒号の飛び交う中、両脇を抱えられて、筑前竜が花道を引き揚げていく。

全て終わった、と感じていた。

三年前の、土俵への忘れ物。それを取り戻すことができたから、もう、何一つ思い残すことはない。

何一つ悔いもなく、胸がいっぱいになる。

「筑前竜~」

騒音の中で、一つだけ聞き取れた声があった。忘れもしない、懐かしい声。

でも、顔を上げることはできなかった。

涙に濡れた顔を、見せたくはなかったから。

←【十四.千秋楽】
→【十六.決勝大会】