『なくしたカケラ』

          詞・曲 カイン

不意に落ちた涙一つ
いつかなくした心のカケラ
運命はよりどころもないまま流れ
思い返せないほど遠く

ふと見上げた空の色
忘れてしまった青い心
探しあぐねて たずねても
何も見つからないからっぽの空

胸に抱いた遠い灯は
消えかけ、いつしか見失い
未来も今も何も見えなくて
僕はずっと、あの日のまま…

なくしたことにさえ気付かないでいた
めぐりあえるまで


雨の音が胸にしみる
拾い集める記憶のカケラ
追いかけても届かないあの空のように
旅路はどこまでも果てしなく

夕陽に染まる赤い景色
いつかなくした情熱の色
月の光が照らす真実に
僕は何を見るのだろう…

導いてほしくて、でもそれでも僕は
差し出された手さえ振り払った
うずくいつかの痛みも押し殺して
時はずっと止まったまま…

帰るべきところも見つからなくて
ずっと迷子のまま…


最後に何を信じればいい?
何もかも見失った僕は
胸の奥の遠い灯を
取り戻すことができるのなら…

残された希望を信じていたい
儚い望みでも

あの日なくした…カケラ

kakera110-160.mp3 (Ver.1.10/2006.10.13-2011.11.04)
160kbps
kakera20070715.pdf ,詞,A4横